最近読んだ本の感想をぼちぼちと書いてみる その1

最近読んだ本の感想をぼちぼちと書いてみる。その1。
平たく言えば映画感想シリーズの本バージョンです。
点数は10点満点で、簡単な感想を添えてみます。
では、さっそくいってみましょう

『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 6点
映画化にもなりました。映画もみましたよ。
映画の感想はまた別の機会に。
父子の絆にはグッときましたね。

『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂幸太郎 7点
ずっと前に映画でみたんですけども、
小説版はどんなもんかと読んでみました。
ラストの最大のオチが分かってる上で読みましたけど
(台無しですね)それでもなかなか良かったです。
小説の映画化では、あんまり良いものに
巡りあってなかったんですけど、今考えれば、
この作品の映画化はなかなか良くできていたと思います。

『探偵ガリレオ』 東野圭吾 8点
福山さんのドラマから入りました。
ドラマもおもしろいです。
噂では聞いていましたが、原作の湯川教授のモデルは
佐野史郎さんなんですね(笑)
ドラマ化される前の佐野史郎さんのコメントが逆に泣けましたTT
犯人逮捕には重きを置かず、「謎」に焦点を置いた構成は
なかなかおもしろかったです。

『予知夢』 東野圭吾 8点
ガリレオシリーズの続き。
相変わらず、短編でさっくりと読めるのがいいですね。
謎解きもおもしろいです。

『容疑者Xの献身』 東野圭吾 8点
映画化しています。僕は映画⇒小説で入りました。
ガリレオシリーズの長編。
もう何というか、容疑者が献身的すぎてホント泣けますTT
映画⇒小説のあと更にたまたま映画見たんですけど、
なんか号泣してしまいました(笑)
映画の行間を小説で補完してしまった感じですかねぇ
[PR]
by dandelion_1212 | 2010-03-02 21:56 |
<< 最近読んだ本の感想をぼちぼちと... 最近見た映画とその感想をダラっ... >>