泣きツボ

人にはそれぞれツボというものがありまして・・・
笑いのツボ、怒りのツボ、泣きのツボ、テレビのツボ(違う)、マクベのツボ(これも違う)・・・
色々なものがあります。


この中で、今日は「泣きのツボ」について注目してみたいと思います。

泣きツボは人によってそれぞれ違います。
たまに僕にとって「何で!?」って思うところで泣いている人を見ますし、
逆に、僕が泣いてるところを「何で!?」って思われてもいると思います。

結局のところ、どれが正しいかなんてないんですよね。
でも僕は、人とは違う泣きツボを持ってる人に結構惹かれてしまいます。


ちなみに僕の泣きツボのキーワードは
「動物、友情、家族」になります。

過去にさかのぼって、僕が号泣した映画を思い出してみると・・・

「今を生きる」
「ターナー&フーチ」
「サトラレ」
「ハチ公物語」
「南極物語」
「ダンス ウィズ ウルブス」
「聖者の眠る街」
「マイライフ」
 ・・・・

このようになりますが、
これらは全て、上のキーワードに見事にかかってるんですよねぇ

「今を生きる」        :友情
「ターナー&フーチ」    :動物
「サトラレ」          :家族
「ハチ公物語」        :動物
「南極物語」         :動物
「ダンス ウィズ ウルブス」 :動物
「聖者の眠る街」       :友情
「マイライフ」         :家族

これを見ると特に、動物モノの泣きハードルがかなり低いですねw
「ダンス ウィズ ウルブス」:動物(オオカミの場面)なんてその最たるものです。
ちなみに、ここには載せてませんが「クイール」でも泣きました。


このことからも言えますが、
先日、映画館の予告で見て惚れた「皇帝ペンギン」。
(実は僕は大の鳥好きです。またその辺についても語りたいと思います。)
ペンギンの生態ドキュメント映画で、正直めちゃくちゃ見たいのですが、
まあ、確実に泣きますね!

そのうち、ちびっ子に混じって泣いてきたいと思いますw
[PR]
by dandelion_1212 | 2005-07-07 23:42 | 映画
<< 電車男 KOKIA >>