BUMP OF CHICKEN

まもなくBUMPの新曲が発売です!

めちゃくちゃ楽しみです!

実は、BUMPは僕の一番好きなバンドなんですよ。
ライブも何回か行ったことあるんですが、
来年のツアーも是非!! 行きたいですね~

ライブチケット取れますように m(_祈_)m


僕とBUMPの出会いは友人の紹介でして (何かお見合いみたいw)
友達の車の中で初めて「K」という曲を聞きました。

「歌詞がいいよ!」とは聞いていたのですが、
最初は正直 ボソボソと歌ってて何を言ってるのかが分からない??
特に車の中だったので、ほんとに分からない。

で、あとで改めて歌詞カード見ながら聴いたわけですが、
正直・・・

感動してしまいました!


おおげさかもしれませんが、
生まれて初めて歌詞を見て「凄い!」と思ってしまいました。

それまでは音楽をメロディで聴いてきた自分にとっては、
目からうろこ状態でしたね。
ここから僕は音楽を聴くときに詩も注目するようになりました。

今でもBUMPを人に薦めるときは「BUMPは詩で聴け!」などと格言のように言っていますw



さて、それではここで
僕が好きな曲をいくつか挙げてみましょうか。
恒例のベスト5形式で・・・










・・・と、思いましたが



5曲選べませんでしたm(_ _)m


だって好きな曲が多すぎるんですよ!!


・・なので、今回ばかりは10曲にしたいと思います(多いなw

更にお気に入りのフレーズも今回は盛り込んでみたいと思います。
(力が入ってますw)



「ダンデライオンが選ぶ
   BUMP ベスト10!」



⑩ナイフ
この曲を聴いてると元気がでますね。
僕の中では子供の頃の日々の高揚感とか
そんな純真な心を思い起こしてくれる曲なんです。
力強くていいですねぇ。
「僕が望んだら望んだ分だけ 心のナイフは鋭く輝いて!」


⑨K
僕がBUMPと出会った曲です。
とにかく詩が好きです。
じっくりと読んでると涙ぐんできますねぇ。。。
街で黒猫を見かけるとつい「ホーリーナイト」と(勝手に)名づけてしまいます。
「アルファベット一つ加えて庭に埋めてやった 聖なる騎士を埋めてやった」


⑧続・くだらない唄
淡々と情景を綴る曲です。
前アルバムの「くだらない唄」の続編です。
曲の構成が好きなんですよね。
最後の盛り上がりがいい!
絶望の中でも最期に一つの光が見えてくるんですよ。
「この目が今でもギリギリで見えていて良かった」


⑦ダンデライオン
明るい曲調なのに悲しい曲。
何だか「DANNY」にも通じるものがあると思います。
ライオン好きの僕には泣けます。
動物ものの曲に弱いですねぇ。
「ラフメイカー」をはじめとしてBUMPは物語曲がこれまたいいんですよ!
「この元気な声が聞こえるか この通り全然平気だぞ」
ちなみに僕のHNの由来となった曲です。


⑥ever lasting lie
切ない曲です。二人の心のすれ違い。
最後にさしかかると何だか切なさが増します。
中盤の間奏が異様に長いのですが、それを長く感じないんですよね。
なぜならそれが月日の流れを感じさせるのに必要な長さだからだと思います。
「優しいあの嘘を思い出してる」


⑤車輪の唄
さわやかな曲。優しくて心地よいメロディですよね。
BUMPは「とっておきの唄」のような正統派ラブソングは少なくて、
別れの曲が多いんですけど、その曲がまたいいんですよね。
詩の若い言葉と曲のアレンジが好きなんですよ。
「何万歩より距離のある一歩 踏み出して君はゆく」


④ロストマン
正直、重い曲ですね。
壮大な曲です。深いですね。
この曲を聴いて何を思うか。
誰もが一度は経験する絶望の中、自分自身を見つめなおして
歩く力をくれる曲だと思います。
「君を忘れたこの世界を 愛せたときは逢いに行くよ」


③天体観測
言わずと知れたBUMPで最も有名な曲です。
とにかくメロディの疾走感がいいですよね~。
僕自身は、この曲を自分自身の成長の詩だと感じましたが、
人によって色んな受け止め方があるんじゃないでしょうか。
BUMPはそんな曲が多いですね。
それぞれ 自分が見た景色が正解だと僕は思います。
「2分後に君が来なくとも 今というほうき星 君と二人追いかけている」


②銀河鉄道
今、僕の中で最も旬な曲です。
比較的、淡々と進む曲調なのですが、最後に力強く唄い上げていきます。
中盤の「電車の窓は~」からは世界が一気に前面に広がっていくんですよね。
そして最後のサビで最高潮に達します。
カラオケで歌うと気持ちいいんですよ~。
何かあまり理由はないんですが、とにかく好きな曲なんです。
これライブで聴きたいなぁ~!
聴いたらちょっと泣くかもしれないですw
「荷物の置き場所を 必死で守ってきたのだろう」

   
①ギルド
とにかくメロディが心地よくて、そして優しくて好きなんですよ。
でも唄ってる内容は結構厳しいことを唄っています。
「その場しのぎで笑って 鏡の前で泣いて 当たり前だろう 隠してたら気づかれないんだよ」
などなど・・・もうこの曲は好きなフレーズのオンパレードです。
「愛されたくてほえて 愛されることにおびえて
逃げ込んだ檻 その隙間から 引きずり出してやる」
「汚れたって受け止めろ 世界は自分のもんだ」
・・・もう、きりがないので止めておきます。
何だか自分自身への応援歌のように聞こえますね。






以上です。
如何でしょうか。


正直 10曲でも選ぶのは無理です(TT)
泣く泣く色んな曲を削っていきました。
好きな曲が多すぎっ!!

思い入れのある曲があまりにも多すぎたので、
とりあえず今回は、今 この瞬間での僕のベスト10を選びました。

ホントはベスト30くらいの発表にしたいんですけどね~(ほぼ全曲になるのでw
[PR]
by dandelion_1212 | 2005-11-20 17:29 | 音楽
<< BUMP 祭 ♪ 私の頭の中の消しゴム >>