新曲

BUMP OF CHICKENの新曲が出ました。

「花の名」「メーデー」です。

「花の名」は映画の主題歌にもなっていますね。


この2曲もそうなんですが・・・
「涙のふるさと」くらいからBUMPの曲が変わってきたように感じます。
正確に言えば「ユグドラシル」あたりから徐々にでしょうか。
昔の荒々しさがなくなったというか・・・

それを自然に受け入れる人もいれば、受け入れられずに違和感を感じる人もいると思います。
特に昔の曲調が好きな人にはちょっとツライかもしれませんね。


僕は比較的その時々で違和感なくすんなりと受け入れられています。
昔のBUMPの曲調も好きですが、今は今で好きな感じです。

でも、今の曲と昔の曲をごちゃ混ぜに聞くことができなくなってきたので、
やっぱり「違う」のは確かだと思います。
境界は「ユグドラシル」でしょうか。


アーティストは自身の成長と共に、それが良いか悪いかは別として変わっていくものだと思います。
僕の好きなアーティストの中にも随分変わってしまった人もいます。

それで一時離れてしまう場合もありますが、たいていはまた戻って最後までついていってしまいます。
結局、送り手も受け手も原点は同じなので、そのアレンジが少し変わったとしても、好きなものは好きなんでしょうね^^;


今回のBUMPの新曲「花の名」「メーデー」も、昔の新曲ほど衝撃は確かに感じませんが、普通に好きです。
どちらかというと「花の名」の方が好きかな。


今の自分の心情に響く曲です。
[PR]
by dandelion_1212 | 2007-10-29 22:44 | 音楽
<< orbital period メダカ >>