カテゴリ:日記( 54 )

やる気なしなしモード発動中

最近、仕事のやる気がグングン降下中です。

一時期の忙しさの峠はちょっと越えたんですけどね。

何か気力が切れかけてる感じです。

なので、色々とリフレッシュしてるんですけど、
私生活は充実しますが、それほど仕事に関しては変わらず。

まぁ、そんなもんですけど。


頑張らねば。

そう思う今日この頃です。
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-09-07 00:00 | 日記

夏休み♪

夏が終わりました・・・
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-08-27 12:23 | 日記

夏休み♪

会社がお盆休みに入りました!

今年は我が社にはまずありえない

9連休です!


まぁ、工場に大工事が入るために、
たまたま長期休暇なわけですが・・・
そんなことはオールOKです。
経過などどうでもいい
要は結果なんですよ!


とりあえず、1日目の今日は掃除をしてダラダラと過ごしました。

明日からはまた色々と予定が入ってます。

実家にも帰りますが、ゆっくりできそうなのは
2日間くらいですかね~

久々におもいっきり発散したいと思います!!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-08-13 00:00 | 日記

公園でのひととき

昨日は何となく公園に行きまして
公園の敷地やら近くの川やら神社やらをブラブラして、
まったりとしたひとときを過ごしました。

たまにはこういうのもいいですねぇ


自然に触れ合いながら心の平穏を得る
これが真の安らぎです

こういうのもいいなぁ・・・




疲れてるなぁ・・・(笑)
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-07-09 12:42 | 日記

ご無沙汰

すっかりご無沙汰になっていました。

ご無沙汰していた間、
ほんと色々ありました・・・。


仕事が忙しかったり、
PCのディスプレイが壊れたり、
仕事が忙しかったり、
ゲームにはまったり、
仕事が忙しかったり、
ゲームにはまったり、
仕事が忙しかったり・・・



まぁ・・




要するに仕事とゲームとPCの故障ですね。



この中でも、一番きつかったのはPCの故障!

突然、ディスプレイが臨終されまして、
どうすることもできなくなりました。

「修理」と「買い替え」をちょっと悩みましたが、
友人のアドバイスにより、
もともと年季もだいぶ入っていたことから
いい機会だと思って買い換えてしまいました。


おかげで今は快適です♪


だいぶPC周りも落ち着いてきたので
これから徐々に「ご無沙汰」から復活していきたいと思います!




・・・と思ってたんですけど、
仕事の山が今週~来週あたりに来そうです(TT)


大丈夫か!?


更新がなければ察してやってください。
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-06-04 23:58 | 日記

漫画

最近はもう毎日がバタバタしております。

年度末だから仕方ないのですが、
一時期落ち着いてきたはずの仕事もどこへやら。
またもや派手に忙しくなってきております。


そんな中、ある漫画にはまっています。

皆川亮二 著
「ARMS」です。

今ごろかよ!ってくらい中途半端に古い漫画です。

前から読みたかったのですが、
この前、古本屋でついに買ってしまいました。


最近は仕事が終わってからの
ヘロヘロな状態で少しずつ読んでいます。


ちなみに昨日は5ページ読んで力尽きていました。(寝てた)
無理してでも読みたくなる「ARMS」
(ほとんど読めてないとかいう指摘は却下です。)

オススメです!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-03-30 23:21 | 日記

ピアノ協奏曲~鍵盤~

僕は社会人になってから始めたピアノ教室に現在も通っているわけですが、
仕事の都合もあり、なかなか時間が合わなくて、実のところ
ほとんど教室に参加できていません。


僕がもし中学生なら
担任の先生と教頭先生が自宅まで迎えにきそうなくらい
参加できていないのです。






だが、しかし!







そんな話も去年までの話です。



今年からは違うのですよ。






・・・すいません。撤回しますw (いきなり)







今年の2月からは違うのですよ!





何と2回連続で教室に参加しています!
(我ながら酷いね・・・)







で、

今までの僕は、知る人ぞ知る名曲「トランポリン」などを奏でてきたのですが、
ついに、続けていたクラシカル系(経験値:2~3曲w)を(早くも)脱却して、
ポピュラーミュージックの道へと進もうとしているのです。




はてさて、
ポピュラーミュージックと言っても色々とあるわけですが、
実際、何の曲をやろうかと考えていました。

好きな曲は一杯あります。


書店で譜面を見つつ、自分の腕と相談しながらw
ふと目についたのがこの曲でした。





鬼束ちひろ 「流星群」




ドラマ「トリック2」のエンディングでお馴染みの曲です。


「トリック」は仲間由紀恵、阿部寛主演のドラマです。
二人の間が絶妙で面白いんですよね~。
特に刑事役の生瀬さんがいいんですよ!
めちゃくちゃ面白い!
「トリック」の魅力と言えばやはり・・

・・・まぁ、それは別の機会に置いといてw






とにかく「流星郡」です。


名曲です。



しかし、ちょっと弾き始めてみたところ、
早くも一つ問題が発覚しました。



「やさしく弾ける」という譜面ですので
幸いそれほど難しくはないのですが・・・



譜面通りに弾くと・・・
残念なことに・・・



鍵盤数が足りなくなるのです(TT)




僕はグランドピアノも電子ピアノも持っていないので
代わりにキーボードで弾いているわけですが、
残念ながらキーボードはお手軽な分、鍵盤の数がそれらに比べて少ないため、
あんまり低音にまで音が及ぶと鍵盤数が足りなってしまうのです。



仕方なく1オクターブ上げて弾いてみますが・・・
はっきり言って「流星郡」の重厚さが悲しいほど激減してしまいます。




今までキーボードで満足していましたが、
ここで初めて不満を感じ始めました。



電子ピアノがほしい。



しかし、置く場所と金銭面の問題が立ちはだかります。
(まぁ金銭面も大変ですが、それよりも置く場所ですね。)



こんな悩みを抱えるとは・・・
まさにピアニストじゃないでしょうか。
(違います)

「ま、とりあえずはこのままでいいや」
・・・とあっさり妥協するあたりは偽者ですがw、



でも、ホントにほしくなりました。
鍵盤数が充実しているキーボードでもいいのですが・・・

まぁ、ちょっと考えてみようと思います。
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-28 22:18 | 日記

瞳に炎を灯せ(後編)

訳の分からない「軟体系」の話と
「ASKA」「KOKIA」企画で話が3回飛んでしまいましたが、
とにかくまぁ続きです。

ちなみに前回までのあらすじ


充血用の目薬を差したときの刺すような痛み
ただごとではなさそうなことに3日かけてやっと気づいた前回。


まわりの人たちのたくさんの暖かい助言(別名:脅しとも言う)を受けて
病院へ行くことにしました。


充血して4日目は仕事の関係で行けませんでしたので
病院に行ったのは5日目の夕方でした。


何とか会社を定時に上がって いざ眼科へ


ちなみに僕が行く眼科は・・・
院長の趣味で可愛い看護婦ばかりを集めているという噂があり、
男にとっては大変な好奇心を
そして患者にとっては一抹の不安を感じさせるナイスな病院です。


病院に入って、まず受付で簡単な症状の説明を行います。
そして、初診の問診表を書いて待合室で診察を待ちます。




しばらくすると僕の名前が呼ばれました。


僕は診察室へと進みます。


でもどうやら診察をする前に
まずは目の検査を行うようです。


検査室で眼圧や視力など一通りの検査を済ませます。


そして、いよいよ診察室へ・・・。



部屋に入ると
待ち構えていた先生に挨拶をし、
そしていきなり僕は、
存分に充血っぷりをアピールしました。

「見てくださいよ!」と言わんばかりに(しかも何故か誇らしげに



先生は僕のアピールを冷静に一瞥したあと
先ほどの検査結果を見ます。

「目はしっかりと見えてるようだねぇ」


そして、僕の充血部分をスコープのようなもので覗き込んで
いよいよ本格的に診察開始です。









先生「ん!?」








先生、何か!?






先生は何かを見つけたようです。




・・・緊張が走ります。






デキモノ?


それとも


致命的な傷?






不安がよぎります。








先生は一言・・・


まつ毛があるねぇ」





へ!?・・今、何と?・・




「ちょっと取るから むこう向いてて」




え?・・あの・・先生?・・いったい・・どういう・・(オロオロ・・)



先生はピンセットのようなもので
僕の充血部分から一本のまつ毛を取り出します。



せ・・・先生?・・



「これが原因だねぇ」






つまりは・・

抜け落ちたまつ毛が眼球と瞼の間に入り込んで
眼球運動でこすれ、その刺激により充血を起こしていたのです。






そんなバカな・・

こんな簡単なことで・・・



まつ毛一本を取り除くだけという治療事実に
衝撃を受ける僕・・・


電化製品で言えば
テレビの液晶の映りが悪いと言って電気屋に持っていったら
実は画面が汚れていただけと同じようなもんです。
(タオルで拭いたら直ったと同じ)



何か、急に恥ずかしくなってきました。

結構、自分自身
この病気(?)に対して意気込みがあっただけに
何だか余計に恥ずかしい。


先生はおもむろに炎症止めの目薬を僕にさして
事務的に診察を終わらせようとします。




まずい!




このとき僕の中で
「このままでは終われない!」との
訳の分からない焦燥感が現れました。





ちょ、ちょっと先生



必死に話題を作ろうとする僕



実は最近目やにが酷くて、それで・・

「それはアレルギーです」


一蹴する先生。



予め何部もコピーしてあった
アレルギーの説明用紙を見ながら説明を受けます。


完全にマニュアル患者っぷりです。



結局、そのまま診察終了。


で、そのまま完治。






いや~

どうですか?

実に恐ろしいですね。


まつ毛一本でこんなに恐ろしい目に会うのです。


小さなほろこびでも大きな恥へとなってしまいます。
皆さんも恥をかかないように慎重に行動しましょう!(そっちかよ)



では、

この教訓を受けて
この言葉を皆さんの頭に叩き込んでおいて下さい。


「毛に用心 まつ毛一本 火事のもと」




ちなみにこの「まつ毛事件」は
心配して病院へ送り出してくれたまわりの方たちには一切伝えず
僕の心の宝石箱にそっと眠らせておきたいと思います。
(というか、とても言えません。)




=======

まつ毛で炎症のケースは結構あるようです。
アレルギーを緩和するためにも目はしっかりと洗うようにした方が良いようです。
何か異常を感じたら、迷わずにまず病院に行きましょう!
自分で判断せずに。それが一番です。
恥ずかしくなんてないよ!(説得力ゼロ)
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-04 00:24 | 日記

軟体系

突然ですが

皆さんは体が柔らかい方でしょうか?

それとも堅いほうでしょうか?


「柔らかさ」という概念に基準がないので
ここでは立位体前屈の0cmを基準にしましょう。


つまり、立位体前屈で

マイナス ・・・ 柔らかい
0cm ・・・ 普通
プラス ・・・ 堅い

そういうことです。


僕は小さい頃から体が堅くて
プラスの5~8cmあたりを彷徨っていました。

しかし、どうしたことか
高校に入るころには0cmになったのです。

特に、柔軟をしたとか
何をしたわけでもないのに・・・。

謎です。



大学ではついに「柔らかい」と言われる
マイナス領域にまで達しました。
だいたいマイナス2~4cmくらいです。

もちろん、何をしたわけでもありません。


ここまでくると神秘です。



そして月日は流れ、今・・・。

正確に計測したわけではありませんが
おそらく10~15cmくらいはいけます。

当然、運動など何もしていません。


完全なる摩訶不思議です。
人体の神秘です。



このまま将来を想像すると
自分のポテンシャルにゾッとしてしまいます。


年々柔らかくなる体。


この謎を解き明かしてくれる人を募集します。
来たれ 若人
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-29 00:13 | 日記

瞳に炎を灯せ (前編)

先週の土曜日ぐらいのことです。

急に気がつけば

右目の右下部分が異様に充血していました。


目をどこかにぶつけたかな?

でも、そんな記憶は全くありません。

もしかしたら、寝てる間にぶつけたのかも

そんなことを考えていました。


まぁ 結局はそのうち治るだろう。(楽天家)



しかし・・・

翌日、その翌日になっても治る気配がありません。


こんなに赤く充血したのは

眼科の先生に「8年振りに見た!」と珍獣扱いされた

「ウィルス性急性結膜炎」になって以来です。



若干の危機感を覚えた僕は

充血用の目薬を急遽購入します。


そして、目薬を挿してみる。




!?






痛ぇ!



この痛みの種類は・・・


まさに


「傷口にオロナイン」です。



そんなバカな


まさかの展開です。



目に染みる痛みではなく

傷口に染みるような痛み



ここにきて、ただ事じゃなさそうな事にやっと気づきました。

3日かけて。。。


続く・・・ (続くほどの話でもないけど~
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-26 21:45 | 日記