<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

KOKIA pearl ~The Best Collection~

僕はKOKIAさんの曲が好きでして、
そのKOKIAさんの新アルバムが2月1日に発売されます。

昨年の夏に発売されたアルバム
「歌がチカラ」以来の待望のアルバムです。


しかし

どうやら今回はベストアルバムのようです。


「pearl ~The Best Collection~」

正直

ベストアルバムか~
全部CD(アルバム)は持ってるからな~・・・

そんな感じで
ちょっと残念な気持ちです。


でも一応まぁ
ちょっと中身を覗いてみましょうか。


「pearl ~The Best Collection~」

1. The Power of Smile
エッセンシャルのCM曲ですね。
この曲の入ったアルバムを持ってますね。
やっぱ一番売れたし、ベストの定番曲なんでしょう。

2. 愛のメロディー
オリジナルバージョンです。
アニメ映画のテーマ曲です。
この曲はCDで持ってないですね・・。

3. dandelion
シングル曲です。
あれ?そういえば、これもCDで持ってないんですよね。

4. 幸せの花束
日テレの番組のテーマ曲です。
あれ?これも・・・持ってないです。

5. かわらないこと ~since1976~
フジのドラマの主題歌。
あ、これは持ってます。アルバムに入っています。
ほんといい曲だ~。

6. 私の太陽
アニメのテーマ曲です。
これもアルバムに入ってます。

7. Remember the kiss ~a wish~
これまた持ってます。
でも、未発表バージョンか。。。
聞いてみたいな~。

8. DESPERADO
映画の挿入歌。
これも・・・持ってないですね。
カバー曲みたいです。

9. 夢がチカラ / Brave warrior
これは持ってますね。
でも新録バージョンか~。
惹かれるな~。

10. 歌う人
アルバム収録曲です。
この曲好きなんですよ!
珠玉のバラード。

11. time to say goodbye
シングル曲。
これは持ってません。
実は聞いたことないです。
どんな曲だろ?

12. 調和 oto ~with reflection~
アニメ映画のテーマ曲です。
新録バージョン。いいですねぇ
楽しみです!

13. so much love for you
テレビ番組のテーマ曲。アルバム収録曲です。
ちなみにこれは僕が世界で一番可愛いと思ってる曲です。
素晴らしい!

14. I believe ~海の底から~
アルバム収録曲です。
この曲もいいな~。

15. ありがとう・・・(the pearl edition)
僕の一番好きな曲。
しかも!新録バージョンです!!
絶対聞きたい!!

16. The Power of Smile ~a gentle breeze~
これも新録バージョンです。聞きたい!




・・・ということで


総合判定した結果・・・


完全に「買い」です!!



2月1日 発売アルバム
pearl ~The Best Collection~



是非聞いてみてください!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-31 00:59 | 音楽

ASKA

頭は渋滞で~
愛はリタイア~
心はどこかで故障中~


そんなわけで(?)

近々

ASKAコンサートへ行ってきまーす!


(冒頭の詩はASKA「I'm busy」より)


このページでは
KOKIA
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN
など、僕が好きなアーティストを発表してきましたが、

実は好きなアーティストの中で一番歴史の古いのが
何を隠そうCHAGE&ASKAなのです。

ちなみに毎回コンサートに参加しています。
まぁ、毎回と言っても初めは「LIVE UFO」くらいからですが。


そんなわけで
チャゲアス好きな僕ですが、
今年はASKAがソロコンサートをやるので
またまた参加してくるのですよ^^


ということで
ASKAコンサートを記念して
またまた、このコーナーを行いたいと思います。



「ダンデライオンが選ぶ
   ASKA ベスト5!」



では、さっそくいってみましょう!


⑤けれど空は青~close friend~
力強いバラード曲です。
前へと歩む力をくれる曲です。
そして壮大です。
正直、かなり泣かせます。
ASKAの声が力強いんですよね~。
綺麗な景色を見ながら聴くとほんとに涙が出そうになります。
最後の盛り上がり、絶叫はとにかく鳥肌ものですよ。
「~いつもの空」から「手も振らずに分かれた~」のとこはやばすぎです!!
   


④HELLO
ライブで盛り上がる曲の一つです。
同じく盛り上がる曲の「晴天を~」よりは
こっちの方が好きなんですよね。
曲のアレンジが優しくて好きです。
無邪気な曲の中にも一抹の寂しさがあって
立ち止まっている自分の背中を優しくポンと
押し出してくれるような感じがします。



③同じ時代を
この曲はとにかくアレンジが秀逸です。
こんなに風景が浮かぶ曲はないんじゃないだろうかと思うほどです。
特に序盤の列車のドアが開いて故郷に降り立つところなんて
図らずとも映像が完全に頭の中で出来上がってしまいます。
曲とASKAの声がそうさせる。この曲はASKAにしか歌いこなせません。
同じ時代を歩いていく僕たち。そんな曲です。



②月が近づけば少しはましだろう
この曲は凄い!その一言です。
ボーカル力で完全に惹きつけられてしまいます。
とにかく力強い。
歌詞を叩くという歌い方はこのことだと知りました。
言葉はいりません。とにかく聴いてください
そう言える名曲です。


   
①next door
恋愛バラード曲です。
ASKAでこの曲を1位にする人はあまりいないかもw
でも好きなんですよ。 好きなものは仕方がない。
何か曲のアレンジが僕のツボにグサリと刺さるんですよね。
別れの曲です。詩の世界に共感できるなぁ・・・。
「僕らはきっとこのままで~」のとこが特にお気に入りです。
前回のライブでこの曲をトリでやってくれた時にはもうたまりませんでしたよ。
大感激。




以上。

如何でしょうか?

あまり皆さん聴いたことない曲ばかりだと思いますが
一度は是非とも聴いてみて下さい。

特に僕のベスト5中に3曲ノミネートさせた
アルバム「NEVER END」は絶対オススメです!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-29 13:57 | 音楽

軟体系

突然ですが

皆さんは体が柔らかい方でしょうか?

それとも堅いほうでしょうか?


「柔らかさ」という概念に基準がないので
ここでは立位体前屈の0cmを基準にしましょう。


つまり、立位体前屈で

マイナス ・・・ 柔らかい
0cm ・・・ 普通
プラス ・・・ 堅い

そういうことです。


僕は小さい頃から体が堅くて
プラスの5~8cmあたりを彷徨っていました。

しかし、どうしたことか
高校に入るころには0cmになったのです。

特に、柔軟をしたとか
何をしたわけでもないのに・・・。

謎です。



大学ではついに「柔らかい」と言われる
マイナス領域にまで達しました。
だいたいマイナス2~4cmくらいです。

もちろん、何をしたわけでもありません。


ここまでくると神秘です。



そして月日は流れ、今・・・。

正確に計測したわけではありませんが
おそらく10~15cmくらいはいけます。

当然、運動など何もしていません。


完全なる摩訶不思議です。
人体の神秘です。



このまま将来を想像すると
自分のポテンシャルにゾッとしてしまいます。


年々柔らかくなる体。


この謎を解き明かしてくれる人を募集します。
来たれ 若人
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-29 00:13 | 日記

瞳に炎を灯せ (前編)

先週の土曜日ぐらいのことです。

急に気がつけば

右目の右下部分が異様に充血していました。


目をどこかにぶつけたかな?

でも、そんな記憶は全くありません。

もしかしたら、寝てる間にぶつけたのかも

そんなことを考えていました。


まぁ 結局はそのうち治るだろう。(楽天家)



しかし・・・

翌日、その翌日になっても治る気配がありません。


こんなに赤く充血したのは

眼科の先生に「8年振りに見た!」と珍獣扱いされた

「ウィルス性急性結膜炎」になって以来です。



若干の危機感を覚えた僕は

充血用の目薬を急遽購入します。


そして、目薬を挿してみる。




!?






痛ぇ!



この痛みの種類は・・・


まさに


「傷口にオロナイン」です。



そんなバカな


まさかの展開です。



目に染みる痛みではなく

傷口に染みるような痛み



ここにきて、ただ事じゃなさそうな事にやっと気づきました。

3日かけて。。。


続く・・・ (続くほどの話でもないけど~
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-26 21:45 | 日記

幻想大陸旅日記2

前回までのあらすじ

僕は皇帝バルバロッサとの謁見を無事終わらせ、
明日から近衛兵として帝国に尽くすことになった。

【グレッグミンスター城下町】
グレッグミンスター城を出て
城下町の我が家へと戻ってきた僕と父さん。

家に入るとグレミオ(27歳 独身 男)が慌てた様子で
バタバタと出迎えてくれた。

グレミオ「坊ちゃん!どうでした?謁見は?うまくいきました?」

グレミオは幼い頃からの付き人で、
幼少時に母を亡くした僕の母親代わりとなって
ずっと親身に世話をしてくれていた。
頬に十字傷を持つ金髪ロン毛男という
本来ならあまり羨ましくないスペックの持ち主だが、
外観とは裏腹に優しい顔、優しい瞳をしているナイスガイだ。

いつも僕を見守ってくれて、
一番僕を心配してくれていた。
逆に鬱陶しいくらいの過保護なんだけど
それは僕にとって心地のよい部分でもあった。


主人である父さんの存在など全く気づかないぐらいに
夢中になって僕の様子を伺うグレミオ。
父さんは少しあきれた様子で微笑んでいた。

グレミオは急に何かを思い出したかのように突然、
親友のテッドが2階で待ってることだけを告げて
バタバタと奥へと消えていった。
どうやら晩御飯のシチューに火を掛けたままのようであった。


2階へ上がるとテッド(年齢不詳15~17歳? 男)が出迎えてくれた。
テッドは戦災孤児で父さんが引き取った。
年齢は良く分からないけど、見た目は僕と同じくらいの少年である。
出合ったのは数年前だけど、それ以上に長い付き合いのように感じる。
ホントに気の合う陽気な親友である。

テッドは謁見の話を是非聞きたいと僕を部屋へと連れて行った。

そして、部屋で根掘り葉掘り状況を聞かれたあと
目を輝かせて「一緒に近衛隊の仲間にしてくれ」と懇願された。
孤児の自分を拾ってくれた父さんに恩返ししたいというのだ。

僕は快くOKした。
こういうのに首突っ込むの好きだなぁテッドは。

無邪気に笑うテッド
しかし、しばらくすると少し神妙な面持ちで僕を見た。

テッド「なぁレン。お前に話しておきたいことがあるんだ・・」

どうしたんだテッド、急に?

テッドは「秘密にできるよな?」と執拗に聞いてくる。

そのとき、

グレミオの食事の準備ができたとの声が聞こえてきた。


テッドは急に「この話はまた今度、早く食べに行こう!」と
ダイニングへと誘った。

少し疑問を感じながらも僕はテッドに付いて部屋を出た。

ダイニングへ行くと既に皆が集まっていた。


つづく
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-19 23:41 | ゲーム

BUMP祭まであと1ヶ月

BUMP OF CHICKENのライブまで
あと約1ヶ月に迫りました。

非常に楽しみです♪
楽しみです♪
楽しみです♪
楽しみです♪
↑・・・というくらい、ホントに楽しみなんですよ!

歌ってほしい曲が多いのですが、その中でも聞きたいのは
「supernova」「カルマ」 ・・・ 新曲なので多分歌う?
「銀河鉄道」 ・・・ もしかしたら唄うかも。
「ナイフ」「続・くだらない唄」「とっておきの唄」・・・一回は聞きたい!
「ギルド」 ・・・ 何回でも聞きたい。

その他、上の曲と重なる部分もありますが、
以前、書きました僕のベスト10の曲も是非聞きたいですね~

あぁ、楽しみだなぁ♪
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-17 21:37 | 音楽

Dear My Mother

拝啓 母さん


ありがとう
今まで育ててくれて

いつもありがとう
一番に想ってくれて

照れくさくて言えなかった
でも、心の中では感謝で満ちてた

いつも僕のことを心配してくれてた母さん

この前、正月休みに帰ったときも
休み終わりの帰り際に
晩御飯が中途半端な時間になるからって
わざわざ「ミニ肉まん」を買って来て持たせてくれたよね
温めるだけでいいからって

僕は表面上はめんどくさがってたけど
いつも変わらない母さんのその気持ちが嬉しかったんだ
ありがとう


今まで随分迷惑をかけたこともあった
色々と苦労させたこともあった

でも、社会人となったこれからは
いっぱい孝行できると思う。
少しずつ感謝を返していきたい。

これからは僕が心配する側になって、
めいっぱいのおせっかいをしていきたい。
そう思います。

いつまでも長生きして元気でいてください。


かしこ





追伸


母さんが僕に持たせてくれた「ミニ肉まん」



あれ・・・



肉まんじゃなくて「シュウマイ」だったよ。








母さん!!(TT)

食べてビックリした
確かに形は似てたけど^^;
でも、おいしかった
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-14 09:15 | 日記

幻想大陸旅日記1

さて、今回から始まった「幻想水滸伝1」のプレイ日誌。
その名も「幻想大陸旅日記」
今更「幻想水滸伝1」ですw。(何年前のゲームだ?)
まぁいいでしょう。
何となくゲーム攻略をしながらも 旅気分が味わえる感じにしたいなぁと思ってます。
どんな感じになるか分かりませんが、とりあえずはいってみましょうか。



【赤月帝国】
トラン湖を中心として、その周りを囲むようにして成り立つ国土。
そう、現代で例えるなら滋賀県(トラン湖=琵琶湖)。
湖の北東の位置に帝都グレッグミンスターがあります。
またまた滋賀県で例えるなら北東の岐阜県寄りの土地。
長浜よりさらに北の高月あたりですか(余計分からんw)。
物語はその帝都グレッグミンスターから始まります。
(これからも物語の土地はちょくちょく滋賀県で例えていきます。覚悟するよろし。)

※注意
ちなみにこれからの主人公の台詞や思いは僕自身の思いを乗せて書きます。
ゲーム中の主人公の思いと異なることもありますが、そこはご了承くださいw。
もちろん僕はこのゲームを過去にクリアーしてますので思いっきりネタばれしています。
その前提で主人公は行動しますので。
ゲームを知ってる皆さんは「あ~、そんなこともあったね」と、
ゲームを知らない皆さんは僕と共に冒険の旅へ、
ゲームをこれからやりたい人は絶対見ないようにw
そんな気持ちでいきましょう!
思い込みや結構あやしい僕の記憶を元に書きますので
かなり間違った内容になるかもしれませんが、
そのあたりはファジーな感じでいいじゃん!と開き直っていますので、
どうか暖かい目で見守ってやってくださいw。
では、ひぃうぃごー


【グレッグミンスター城】
帝都と呼ばれるだけあって華やかな街並。そして城。
風景は欧州ファンタジー:中国を1:2くらいでミックスしたような感じである。

帝国5将軍の一人テオ・マクドール。その息子である僕(レン=主人公)
「黄金の皇帝」と冠される皇帝バルバロッサの謁見を控えていた。
(ここでは、便宜上ダンデライオンではなく、ゲーム上に付けた名前レンを用います)

レン「・・・・」

僕は緊張の面持ちで控え室にてその瞬間を待っていた。

隣には父親テオ・マクドール(42歳 バツイチ 男)がいる。
無骨な父親だが、どこかやさしい瞳が僕に「心配するな」と語りかけ、
安心を与えてくれた。

しばらくすると、侍女がやってきて謁見を知らせてくれた。
父親と共に謁見の間へと赴く僕。

侍女に案内されて、いよいよ皇帝との謁見が始まった。

もの凄いオーラを発して玉座にたたずむ皇帝バルバロッサ(52歳 バツイチ 男)。
髭が素敵なダンディである。
今のところ、バツイチ率が異様に高いが気にしないでおこう。

皇帝は父さんに何やら※北方に赴くように指示している。
北方のジョウストンで不穏な動きがあると・・・。

※赤月帝国(滋賀県)の北方にはジョウストン都市同盟があります(福井県と思ってください)。
その昔、この二つの国では国境紛争がありました。このときは滋賀県が勝利しています。
ビバ 滋賀県!ちなみに今でもこの2つの国は仲が悪いのです。

一通り、父さんとの話を済ませたあと、
今度は僕の方を見て皇帝が話かけてきた。

バルバロッサ「良い面構えをしているな・・・。父親と共に力を貸してくれ。」

レン「わかりました!」

僕は間髪入れずに力強く答えた。

力強く答えすぎたからか、
明日から早速 帝国の近衛兵として尽くすことになった。

いきなり明日からかよ・・・
ちょっと鬱になる僕であったが、
そのとき皇帝の隣にいた宮廷魔術師のウィンディ(年齢不詳 女)が話し掛けてきた。

若干濃い目の化粧だが、その美貌は有名であった。
皇帝の亡き妻クラウディアの面影があることから
気に入って皇帝が近くにおいているとの噂もあった。

そのウィンディから最後に激励を受けて、
僕の初めての謁見は終わった。


謁見の間を出たあと、僕は明日からの近衛隊の上官となる
クレイズに挨拶しにいくことになった。

クレイズの部屋へと向かう途中、
父の旧友であるカシム・ハジル(43歳 男)と出会った。
無骨な感じの髭のおっさんである。
無骨率と髭率の高さは今後も続くのであんまり気にしないでおこう。

カシムもこのあと皇帝との謁見のようであった。
カシムは父親と同じ帝国五将軍の一人で
通称「青い月のカシム」と呼ばれていた。
その剣技は凄まじいものらしい。
何が「青い月」なのか謎であるが、まぁ特にあんまり興味もなかった。
ちなみに父さんは「百戦百勝 テオ・マクドール」と呼ばれている。
語呂が悪いと思った。

ほんの少し会話を交わしたあと、
すぐに別れて僕たちはクレイズの部屋へと向かった。

父さんを部屋の外に残して、一人でクレイズの部屋に入った。
クレイズ(36歳 男)は椅子に座したまま僕に話かけてきた。
帝国近衛隊の隊長だが、コネだけで成り上がったと噂される
感じの悪い男である。
見た目は胡散臭い髭マジシャン。

クレイズ「大将軍の息子だか何だか知らんが特別扱いはせんからな。」

分かったらさっさと帰れ。明日の朝一番から仕事だ。ここへ来い。
そんなことを一方的に言われて、クレイズとの初見は終わった。
明日は鉄パイプを持ってこようかと思った。

部屋から出てきたあと、
父さんも「あんな小心者が上官とは・・」と毒を吐いていた。
やっぱり鉄パイプを用意しておこう。


こうして僕は城をあとにして、
城下町にある家へと帰った。


続く・・・
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-09 17:40 | ゲーム

ゲーム始めました。

久々にゲームをやり始めました。

いや~
ほんとに久々ですよ。
まともにゲームするのって。

もしかしたら年単位でまともに
やってなかったかもしれません。

一応、プレステ2を持ってるのですが
起動率の低いこと 低いこと↓


そんなプレステ2を再び
起動させて始めるゲームですが・・・

ジャジャン!

・バイオハザード1 (PS1)
・幻想水滸伝1 (PS1)


これまた古い!w


初代プレステ時代に一世を風靡した作品たちです。

当然、初めてのプレイではなく、
過去にも数回クリアしたことのあるゲームです。

何故そんなゲームを今ごろまたやり始めたかというと・・・
まぁ例えるなら、夏休みの朝に
「かぼちゃワイン」
「ハットリ君」
「あさりちゃん」 などなど・・・
毎年の如くやってますよね。
でも、もう何回も見て知ってるのに
ついまた見ちゃいますよね?
つまり、今の気分はそういうことなんです!


特に「幻想水滸伝1」は僕がもっとも好きなゲームの一つです。
ゲームをやったことある人なら少しは聞いたことがあるのでは
ないでしょうか?幻想シリーズ。

全シリーズ一応やったことあるのですが、
個人的には「1」以降はそれほどでもなかったです。
それでも別に普通に楽しめるくらいですので、
つまりは「1」がそれだけ良かったということです。

「1」は人間ドラマが熱いんですよ!

せっかく久しぶりに始めるので、
プレイ日記でも始めようかと思います。

こうご期待!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-09 15:34 | ゲーム

作詞家への道

やきもちやくと
すぐにふくれちゃうね
距離をおいたって
結局すぐにくっつくんだ

でも そんな 素直な君が
一番大好きです

今日もおいしくいただきます
こんがり小麦色
越後の餅


~焼き餅 (YAKIMOTI)~
作詞 : ダンデライオン


※作曲者を募集中です。
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-01-08 22:26 | 日記