<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ピアノ協奏曲~鍵盤~

僕は社会人になってから始めたピアノ教室に現在も通っているわけですが、
仕事の都合もあり、なかなか時間が合わなくて、実のところ
ほとんど教室に参加できていません。


僕がもし中学生なら
担任の先生と教頭先生が自宅まで迎えにきそうなくらい
参加できていないのです。






だが、しかし!







そんな話も去年までの話です。



今年からは違うのですよ。






・・・すいません。撤回しますw (いきなり)







今年の2月からは違うのですよ!





何と2回連続で教室に参加しています!
(我ながら酷いね・・・)







で、

今までの僕は、知る人ぞ知る名曲「トランポリン」などを奏でてきたのですが、
ついに、続けていたクラシカル系(経験値:2~3曲w)を(早くも)脱却して、
ポピュラーミュージックの道へと進もうとしているのです。




はてさて、
ポピュラーミュージックと言っても色々とあるわけですが、
実際、何の曲をやろうかと考えていました。

好きな曲は一杯あります。


書店で譜面を見つつ、自分の腕と相談しながらw
ふと目についたのがこの曲でした。





鬼束ちひろ 「流星群」




ドラマ「トリック2」のエンディングでお馴染みの曲です。


「トリック」は仲間由紀恵、阿部寛主演のドラマです。
二人の間が絶妙で面白いんですよね~。
特に刑事役の生瀬さんがいいんですよ!
めちゃくちゃ面白い!
「トリック」の魅力と言えばやはり・・

・・・まぁ、それは別の機会に置いといてw






とにかく「流星郡」です。


名曲です。



しかし、ちょっと弾き始めてみたところ、
早くも一つ問題が発覚しました。



「やさしく弾ける」という譜面ですので
幸いそれほど難しくはないのですが・・・



譜面通りに弾くと・・・
残念なことに・・・



鍵盤数が足りなくなるのです(TT)




僕はグランドピアノも電子ピアノも持っていないので
代わりにキーボードで弾いているわけですが、
残念ながらキーボードはお手軽な分、鍵盤の数がそれらに比べて少ないため、
あんまり低音にまで音が及ぶと鍵盤数が足りなってしまうのです。



仕方なく1オクターブ上げて弾いてみますが・・・
はっきり言って「流星郡」の重厚さが悲しいほど激減してしまいます。




今までキーボードで満足していましたが、
ここで初めて不満を感じ始めました。



電子ピアノがほしい。



しかし、置く場所と金銭面の問題が立ちはだかります。
(まぁ金銭面も大変ですが、それよりも置く場所ですね。)



こんな悩みを抱えるとは・・・
まさにピアニストじゃないでしょうか。
(違います)

「ま、とりあえずはこのままでいいや」
・・・とあっさり妥協するあたりは偽者ですがw、



でも、ホントにほしくなりました。
鍵盤数が充実しているキーボードでもいいのですが・・・

まぁ、ちょっと考えてみようと思います。
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-28 22:18 | 日記

心の旅

ドクター「どうだい?具合は・・」

「く、苦しい・・・」








「君が望んだことじゃないのかい?」

「やめときゃ良かった・・・」









「諦めるのは君らしくないよ」

「もうダメだ・・・」








「そんな弱音を吐いてたら!・・」

「ちょっと楽になったよ・・」

「えぇ!?」









「・・・まぁ、良くなったのならいいんだよ・・」

「やっぱダメ」

「えぇ(また)!?」









「・・からかうのは止めたまえ。君のことは良くわかっているつもりだ。
しかし、そこで諦めたらゲームセットなんだよ。
まだ君の体が動く可能性は残ってるんだ。
リハビリを続ければ・・」

「もう・・・体が動きません・・TT」

「いや、君ならできる!」








「苦しいかもしれないがここで頑張れば・・」

「あ、また楽になったよ」

「・・・・・」









「・・・今、君の頑張りがあれば、それがいつか花を咲かせるんだよ。
ほら、窓の外を見てごらん。桜がつぼみをつけている。
今の君はあの状態なんだよ。今はじっくりと花を咲かせる力を溜めている。
そう、リハビリという力を! さぁ、花を咲かせよう!
もう一度、大地を駆け回る君を見たいんだ!」

「まぁ、こんな感じか・・・」

「あー全く聞く気ないねぇ・・・」











1km走る毎に訪れる心情を青文字で現してみました。

間もなく10kmマラソンに参加します。

そして多分打ちのめされることでしょう!(断言)


練習不足ですTT

とにかく、走りきることが目標です。




あー・・と、ちなみに上のドクターの台詞には全く意味がありません。
(ジョギングの心情を繋げ合わせるために書いてみただけです)


おかげで、変な更新になってしまった・・・TT
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-25 12:35 | スポーツ

KOKIA 2006 ライブ

BUMPと紹介する順番が逆になりましたが、
KOKIAライブにも参加してきました。

ちなみにKOKIAライブは初参戦です。

・・・というか、
よく考えたらKOKIAどころか
女性ボーカルのライブに参加すること自体が
初めてだったんですよ。

色々なライブに参加してるわりには
意外にも女性ボーカルがなかったんですよね~。

そんなわけで、
ライブ自体も楽しみだったのですが、
女性ライブがどんな雰囲気なのかも
楽しみにして行きました。



そして、いざ会場へ・・・



で・・・


いきなり、驚かせられました。。。


客層が男、男、男・・・

そう、男性客ばかりです。

8:2くらいで男性だった気がします。


僕の今まで行ったライブは、むしろこの逆か、
多くても4:6くらで女性客が多かったので
これには驚かされました。

いったいどんなライブになるんだろう・・・
想像がつかずに不安が襲いました。

会場の雰囲気に戸惑ったまま
ライブがスタートします。

KOKIA登場による拍手が巻き起こり、
そしてKOKIAがマイクの前に立つと
まわりは一気に静寂へと包まれていきます。


そして


ピアノの伴奏から



『歌えることが命、伝えることが魂・・・』


「歌う人」です。

いきなり僕の聞きたかった曲 第3位からスタートです。

いきなりかよ!と心の中で思いつつも
KOKIAはしっとりと歌い上げます。


ただ、


惜しむらくは大好きな曲だったのに
心の準備が全くできていなかったこと(TT)

会場の雰囲気にまだ馴染めずに浮き足立っていました。

正直、ライブの最後にもってくるような曲だと思っていたので
油断していました。

悔しい(TT)


で、「歌う人」が終わると
「The Power of Smile」で一気に盛り上がります。
「幸せの花束」が元気良くて楽しかったな~♪

そして「天使」などしっかりと聞かせる曲を唄ったあと、
「KOKIA スペシャルメドレー」が始まります。

このメドレー
なんと25分もあったんですね~。
凄い!

メドレーはいきなり「足音」から始まります。
これには感激しました。
是非ともライブで聴いてみたかった曲ですから。

メドレーは様々な曲を織り交ぜながら進んでいきます。
特に「白い雪」はロック調にアレンジされていてカッコ良かったです。
でも、圧巻だったのが「ぴんくの象」です。
まさかこの曲が聴けるとは(笑)
「tomoni」「花」も良かった。
後ほど唄う「調和」もそうなのですが、
KOKIAの声は本当に異国情緒な曲に合いますね~。

そして、メドレーは最後にもう一度「足音」に戻って終わります。


メドレーのあとは新曲「暖かな場所」

そして「調和」「愛のメロディー」
「調和」はやっぱり迫力ありました。
そして「愛のメロディー」
この曲が特に素晴らしかったです!


ライブが始まってから、ずっとKOKIAの声量の凄さに圧倒されていたのですが、
「調和」「愛のメロディー」くらいからは
もう完全に引き込まれてしまいました。



そして「Remember the kiss」
この曲も非常に素晴らしかったのですが・・・






えっと・・






ペンライトが気になって
今ひとつ曲に集中できませんでした
(TT)


何かこの曲が始まってからペンライトが前の方で1つ そして2つ3つと現れて、
僕はKOKIAライブ参加が初めてだったので
「へ~、この曲はペンライトを使う曲なんだな~」なんて見てたのですが・・・




・・・一向にペンライトの数がそれ以上増えていきません。






結局、最後まで3つだけでした(TT)




400人くらいいる中の3本て・・。



そのシチュエーションが何かツボにきて
ずっと気になって曲に入っていけなかったので
この曲だけは終始目を閉じて聴いていました。


でも曲の終わり頃になると皆で合唱するところがあって
そこからはペンライトの数が一気に増えていきました。
・・・何かそのことで妙に安心しました。
やっぱりペンライトは間違いではなかったんだと。



そしてライブを締めくくる曲は

「ありがとう・・・」

ついにきました!僕がKOKIAに出会った曲です。
一番聴きたかった曲です。
力強くもせつなく、しっとりと唄い上げます。


で、ここで一度、
KOKIAは退場します。

そしてアンコールです。

再び登場したKOKIAは2曲を唄い上げました。
「The Power of Smile」の別バージョン

そして
「I believe ~海の底から~」

このラストの「I believe ~海の底から~」
この曲が凄かった! とにかく良かった!

今日の僕のMVP曲は「愛のメロディー」で決まりだと思ってたら
一気に逆転しました。
この曲ってこんなに良かったっけ?とまで思いましたよ(笑)

とにかく声量で圧倒されて、完全に引き込まれました。
まさに海の底へと飲み込まれた感じでした。
こんな感覚は、色々なライブに参加しましたけど
初めてだった気がします。






今回のKOKIAライブは急遽行くことになったのですが、
ほんとに行って良かったな~と思います。
仕事を無理したかいがあった(笑)

KOKIAライブで一番の醍醐味はもちろん「声量」です。
とにかく声量に圧倒されます。

そして、もう一つの醍醐味は・・・
MCと歌との緩急差かな(笑)
僕はKOKIAの生声を聴いたことがなかったので
MCの喋り声を聴いてビックリしました。

何というか・・・
凄くキャピキャピしてました。

僕のイメージと全く違った~!(勝手なイメージです(TT)

そんなわけでMCはキャピキャピしてるのですが、
いざ唄うとなるとその歌声で深く・そして鋭く圧倒してきます。
この緩急差が何とも言えないんですよね~。


今回、唯一残念だったのは「so much love for you」が聴けなかったことです。
僕が聴きたかった曲で唯一聴けなかった曲です。
次回も是非参加して今度こそ聴きたいな~。
歌ってくれないかな~。

KOKIAライブは参加すると中毒になります。
皆様もどうですか?
オススメ!
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-19 15:15 | 音楽

BUMP OF CHICKEN 2006 ライブ

BUMPライブに参加してきました~!

いや~素晴らしかった!

ここ最近はトモフスキー、ASKA、KOKIA、BUMPと
色々なライブに参加しましたが、今回が一番時間を短く感じたような気がします。

まさに一瞬の2時間半でした。


今回のBUMPライブは今までと比べても大きな会場でした。
前回までは小ホール(ライブハウスクラス)でしたが、今回は大ホールです。
果たしてライブはどんな感じに仕上がるのか?
あんな大きな箱(会場)になっても伝わってくるのか?
色々と不安がありました。

会場は満員。
でっかくなったなぁ・・と感慨深く・・・
僕はアリーナ(スタンディング)のC-7ブロックでした。

各ブロックは人で一杯に埋まっています。

満員の観客がざわめき、ひしめく中・・・
ついにスタート!

始まって1曲目は何だか音が篭ったように感じ、
大きな会場ならではのこの音に少し戸惑いましたが、
そんな音質や先ほどの不安などは
BUMPのパフォーマンスにより一瞬で消えてなくなりました。


そこからは一気に最後の曲まで走り抜けます!


<セットリスト(うろおぼえ)> ※曲順は少し違うかもしれません
カルマ
stage of the ground
アルエ
プラネタリウム
リリィ
メロディフラッグ
ギルド
太陽
embrace
銀河鉄道
天体観測
ダイヤモンド

fire sign
supernova
オンリーロンリーグローリー

スノースマイル
ダンデライオン

ガラスのブルース



「カルマ」から「ガラスのブルース」まで突っ走りました。
セットリストを思い返すと今でも興奮が甦ります。

僕が聞きたかった曲も結構唄ってくれましたよ。


「ギルド」「銀河鉄道」「天体観測」「K」などなど
もう何もかもが良かったのですが、その中でも特に良かったのがこの2曲です。

「太陽」
「supernova」



感涙ものでしたよ!
染み渡りました(TT)
「supernova」では、みんなで大合唱もしましたし。


とにかく素晴らしかったです。

また機会があれば是非是非
行きたいですね~

[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-16 22:18 | 音楽

BUMPライブ~期待の☆たち~

そんなわけで
BUMP OF CHICKENのライブもいよいよ近づいてきました♪

ライブに参加するのは4回目くらいなわけですが、
いや~何回参加してもほんと楽しみですね~!

ここでは、これまたKOKIAと同じく
ライブで聴いてみたい曲をいくつかピックアップしてみます!
(ちょっと前にもBUMPで同じような企画しましたが、なかったことにして下さいw。
そこんとこ、皆さんもう大人ですし 大丈夫ですよね?)

それではいってみましょう!

①銀河鉄道
淡々とした流れからだんだんと盛り上げっていく曲です。
今ライブで一番聴いてみたいのがこの曲ですねぇ。
アコギ一本とかでじっくり聴いたら泣けるだろうなぁ。
「動いていないように見えても 確かに進んでいる」

②ギルド
僕の一番好きな曲。やっぱこれです。
BUMPはライブの雰囲気で詩を少し変えてきますが、
そのバージョンが是非聴きたいですねぇ。
ライブで聴くと伝わるものがまた違うだろうなぁ。
「汚れたって受け止めろ 世界は自分のものだ
構わないから その姿で 生きるべきなんだよ」

③ナイフ
少年時代の気持ちを思い出させてくれるような
そんな雰囲気の曲です。
まだライブでは聴いたことないんですよねぇ。
ライブで映える曲だと思います。
「子猫が歌ったような 子犬が叫んだような
何よりも大事なあの日の夕焼け映し出すよ」

④DANNY
やっぱこの曲です。ライブで一番盛り上がります!
「KEEP ON FIGHT DANNY
YOU ARE FOOL BUT BIG FIGHTER」

⑤fire sign
どこかゴスペルチックな曲。
ライブバージョンがとにかくいいんですよ!
またみんなで合唱したいなぁ。
「微かでも 見えなくても 命の火を見つける
ナーナ、ナナナナナナーナ・・♪」

⑥ダンデライオン
これまた「DANNY」と同じく盛り上がる曲。
また聴きたいです!
「この元気な声が聞こえるか? この通り全然平気だぞ」

⑦supernova
最新シングル曲。
じっくり聞きたいなぁ。感動するだろうなぁ。
そして一緒に唄いたいです。
「僕らの時計は止まらないで動くんだ
ランーラーララーラー、ヘーイヘーイ・・♪」


その他にも「カルマ」「ロストマン」「乗車権」「K」「続・くだらない唄」「とっておきの唄」などなどなど・・・聴きたい曲のオンパレードです。

ホントに楽しみですね~♪
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-09 23:21 | 音楽

KOKIAライブ ~期待の☆たち~

KOKIAライブの日程がいよいよ近づいてきました。

初めてライブに参加するわけですが、
いや~ほんと楽しみですね~!

ここではライブで聴いてみたい曲を
いくつかピックアップしてみます!


①ありがとう・・・
僕がKOKIAに出会った曲。ピアノバラード。
しっとりと唄い上げるKOKIAさんの姿が目に浮かびます。
泣けるだろうなぁ。。。

②so much love for you
とにかく明るくて可愛い曲です!
「ありがとう・・・」に匹敵するか、もしかしたらそれ以上に聞いてみたいかも。
元気に歌い上げるKOKIAさんを見てみたいです。

③歌う人
しっとり度はNo.1です。
心に染み渡る曲です。
もしかしたらKOKIAさんの生声を一番感じられる曲かもしれません。

④足音
さわやかな曲です。
例えるなら「夏の軽井沢の窓辺」という感じです。
はい。例えが良くありませんでした。すいません。
ライブではどんな雰囲気の曲になるのか是非聴いてみたい曲です。

⑤調和 oto
神秘的な曲です。
とにかくあの不思議な詩を生で聞いてみたいというのが一番にあります。


あとは「天使」も聴いてみたいですね~。
果てして上の全曲を歌ってくれるのか!?

当日が楽しみです♪
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-08 22:50 | 音楽

ライブ強化月間

最近はライブ活動(参加とも言う)が非常に多いダンデライオンです。
こんばんは。

ライブ参加は気分的に滅入ってしまう社会人生活からすると
生活に張りが出て非常に素晴らしい♪


最近の動向と致しましては・・・

1月末から2月中旬までの約半月に
凄まじいペースで参加します!


とても社会人とは思えません。

学生時代より確実に増えています^^;
ストレス溜まってんだなぁ(言い訳)



そのラインナップは・・・


まずは
【トモフスキー】
めちゃくちゃ楽しかったです!
トモフのワンマンライブ。ネガティブをポジティブに唄い、
おもちゃ箱とひっくり返すように奏であげる音楽。
そしてトモフのパフォーマンスが素敵すぎます。
いや~楽しかったなぁ。


2番手に
【ASKA】
こちらは今までのASKAライブと比べても随分大人な雰囲気のライブでした。
新アルバムの雰囲気のままですね。
圧倒的歌唱力で心に響かせます。
会場の(*)席がいまいちだったんですが、ライブ自体は素晴らしかった。

(*)名古屋センチュリーホールの2階席1番前は手すりが低いから危険だということで
スタンディングできないんですよ!(憤慨)
ライブのときだけでもいいんで、少し改造するなどして是非改善してくださいm(_ _)m


そしてラストのオオトリに
【BUMP OF CHICKEN】
今からめちゃくちゃ楽しみです♪
聞きたい曲が多すぎます。「ギルド」「銀河鉄道」聞きたいなぁ。
今回は会場が大きくなってどんなライブになるか若干心配なとこもありますが、
でも大丈夫!
とにかく当日は空っぽになるまで楽しみたいです。



以上


・・・という予定だったのですが、











急遽





KOKIAのライブ参加決定ー!!


そういうわけで


3番手に
KOKIA
念願の中の念願のKOKIAライブです!
神戸の大学の学祭に来ると聞いたときはどれだけ行こうか?と迷ったことか。
横浜のライブの時もどれほど迷ったか。
あの天使の歌声がついに生で聞けるのです。
存分に癒されてこようと思います。


そんな訳で
残りのKOKIAとBUMP
楽しんできたいと思います♪



ちなみに
こういう話をしていると殆どのライブチケットを奪取した
印象を持たれるかもしれませんが、
実は何気に取れなかったのがレミオロメン
狭い。狭いよ。狭き門だよ。
4連敗しましたTT
今思えば「粉雪」が出る前の去年のライブが一番のチャンスだったなぁ(取れなかったけど)
これだけ人気が出てくれば、次回は箱(会場)も大きくなるでしょうから、
来年(?)こそは頑張りたいと思います。
しかし「フェスタ」の頃からの古株としては、この人気 感慨深いものがあります。


<今後の予定>
ライブ活動
次のターゲットは?
ASIAN KUNG-FU GENERATION

狙いたいと思います (スナイパーの瞳)
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-05 22:09 | 音楽

瞳に炎を灯せ(後編)

訳の分からない「軟体系」の話と
「ASKA」「KOKIA」企画で話が3回飛んでしまいましたが、
とにかくまぁ続きです。

ちなみに前回までのあらすじ


充血用の目薬を差したときの刺すような痛み
ただごとではなさそうなことに3日かけてやっと気づいた前回。


まわりの人たちのたくさんの暖かい助言(別名:脅しとも言う)を受けて
病院へ行くことにしました。


充血して4日目は仕事の関係で行けませんでしたので
病院に行ったのは5日目の夕方でした。


何とか会社を定時に上がって いざ眼科へ


ちなみに僕が行く眼科は・・・
院長の趣味で可愛い看護婦ばかりを集めているという噂があり、
男にとっては大変な好奇心を
そして患者にとっては一抹の不安を感じさせるナイスな病院です。


病院に入って、まず受付で簡単な症状の説明を行います。
そして、初診の問診表を書いて待合室で診察を待ちます。




しばらくすると僕の名前が呼ばれました。


僕は診察室へと進みます。


でもどうやら診察をする前に
まずは目の検査を行うようです。


検査室で眼圧や視力など一通りの検査を済ませます。


そして、いよいよ診察室へ・・・。



部屋に入ると
待ち構えていた先生に挨拶をし、
そしていきなり僕は、
存分に充血っぷりをアピールしました。

「見てくださいよ!」と言わんばかりに(しかも何故か誇らしげに



先生は僕のアピールを冷静に一瞥したあと
先ほどの検査結果を見ます。

「目はしっかりと見えてるようだねぇ」


そして、僕の充血部分をスコープのようなもので覗き込んで
いよいよ本格的に診察開始です。









先生「ん!?」








先生、何か!?






先生は何かを見つけたようです。




・・・緊張が走ります。






デキモノ?


それとも


致命的な傷?






不安がよぎります。








先生は一言・・・


まつ毛があるねぇ」





へ!?・・今、何と?・・




「ちょっと取るから むこう向いてて」




え?・・あの・・先生?・・いったい・・どういう・・(オロオロ・・)



先生はピンセットのようなもので
僕の充血部分から一本のまつ毛を取り出します。



せ・・・先生?・・



「これが原因だねぇ」






つまりは・・

抜け落ちたまつ毛が眼球と瞼の間に入り込んで
眼球運動でこすれ、その刺激により充血を起こしていたのです。






そんなバカな・・

こんな簡単なことで・・・



まつ毛一本を取り除くだけという治療事実に
衝撃を受ける僕・・・


電化製品で言えば
テレビの液晶の映りが悪いと言って電気屋に持っていったら
実は画面が汚れていただけと同じようなもんです。
(タオルで拭いたら直ったと同じ)



何か、急に恥ずかしくなってきました。

結構、自分自身
この病気(?)に対して意気込みがあっただけに
何だか余計に恥ずかしい。


先生はおもむろに炎症止めの目薬を僕にさして
事務的に診察を終わらせようとします。




まずい!




このとき僕の中で
「このままでは終われない!」との
訳の分からない焦燥感が現れました。





ちょ、ちょっと先生



必死に話題を作ろうとする僕



実は最近目やにが酷くて、それで・・

「それはアレルギーです」


一蹴する先生。



予め何部もコピーしてあった
アレルギーの説明用紙を見ながら説明を受けます。


完全にマニュアル患者っぷりです。



結局、そのまま診察終了。


で、そのまま完治。






いや~

どうですか?

実に恐ろしいですね。


まつ毛一本でこんなに恐ろしい目に会うのです。


小さなほろこびでも大きな恥へとなってしまいます。
皆さんも恥をかかないように慎重に行動しましょう!(そっちかよ)



では、

この教訓を受けて
この言葉を皆さんの頭に叩き込んでおいて下さい。


「毛に用心 まつ毛一本 火事のもと」




ちなみにこの「まつ毛事件」は
心配して病院へ送り出してくれたまわりの方たちには一切伝えず
僕の心の宝石箱にそっと眠らせておきたいと思います。
(というか、とても言えません。)




=======

まつ毛で炎症のケースは結構あるようです。
アレルギーを緩和するためにも目はしっかりと洗うようにした方が良いようです。
何か異常を感じたら、迷わずにまず病院に行きましょう!
自分で判断せずに。それが一番です。
恥ずかしくなんてないよ!(説得力ゼロ)
[PR]
by dandelion_1212 | 2006-02-04 00:24 | 日記