<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近よく聞く曲をダラッと並べてみる

通勤時はウォークマンに入ってる曲(1300曲くらい)を
全シャッフルで聞いているのですが、
そのときの気分によって、フルコーラス聞いたり、
1コーラスだけ聞いたり、一気に飛ばしたり、
色んな聞き方をしています。

その中で、最近フルコーラスで聞く曲(=お気に入りの曲)を
ダラッと並べてみたいと思います。

※並べたからといって特に何かするつもりもありません。
  とりあえず並べてみるだけです(笑)


・I'm Gonna SCREAM+    Tommy heavenly6
・何度でも               DREAMS COME TRUE
・Days                 Shela
・Home Sweet Home      YUKI
・安心の中               KOKIA
・手紙                  .d
・茜色の約束(アコステver)       いきものがかり
・才悩人応援歌            BUMP OF CHICKEN
・サクラ色               Angela Aki
・何もかもが星になって       KOKIA
・Man and Woman        CHAGE&ASKA
・月のしずく              RUI
・リライト                ASIAN KUNG-FU GENERATION
・PAPERMOON           Tommy heavenly6
・歓びの種               YUKI
・高架線                ELLEGARDEN
・arrows                BUMP OF CHICKEN
・どんなときも             槇原敬之
・絶望ビリー              マキシマム ザ ホルモン
・心に花の咲く方へ         ASKA
・Ave Maria              KOKIA
・イロトリドリノセカイ         JUDY AND MARY


こんな感じでしょうか

どうやら今はこんな気分のようです…



思った以上にどうしようもなかったこの企画
多分 これが最初で最後になると思います(笑)
[PR]
by dandelion_1212 | 2009-02-15 22:53 | 音楽

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみよう その11

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみようのコーナー。その11。
内容のネタばれはできるだけない方向で。

独断と偏見で超個人的な感想と点数(10点満点)を書いてしまいます!
映画ファンの方がいたらすみません。。。
あくまで素人の意見ですので、おおめに見てください^^;



『ファイブ』
大地震によりエレベーターの中に閉じ込められた4人。
それぞれ別の人生を歩む4人が閉鎖的空間で追い詰められていく。
閉じ込められた一人が心臓発作を起こしたことにより物語が動き出す。
シチュエーション・サスペンスドラマ。

何か映画の説明文には「SAW」「CUBE」とかが例として書いてあって、
そっち系かと思って見てたんですけど、全然違いましたTT
どっちかというとジャンルはサスペンスですけどヒューマンに近いかな。
テーマは「生命」でしょうか。
騙された!!(笑)
でも、その割には意外と悪くはなかったです。
ただ話がストレートすぎましたね。
特に…オチがない感じが。。。

4点

黒人のおっさんは確かによい人ではなかったかもしれませんが、
あんなにネチネチ責められるほどでもないよなー…とちょっと同情しました。
それから、閉じ込められたのは4人なのに題名が「ファイブ」
この謎は!?・・・については全く期待しないでください。
最初に「もしかしてこのことかな?」と思ったそのまんまでしたTT



『バンド・オブ・ブラザース』
スピルバーグ、トム・ハンクス総指揮の戦争ドラマ。
第二次世界大戦のノルマンディー作戦前~終戦を
実在の人物の話を元にして描かれています。
全10巻の構成。

とにかく戦闘がリアル。そして生々しい。
突然の攻撃、そして精神的に追い詰められていく姿。
今までの戦争映画の中で一番じゃないでしょうか。
特に雪山の話では、追い詰められてゆく様が
痛々しく伝わりました。
衛生兵を呼ぶ悲痛な声が頭に残ります。

実際の戦争はもっと人間的な生臭さと醜さがあったのでしょうが、
この作品では、そのような汚すぎる部分はあえて置いておき、
客観的な戦争の姿を見せているように思います。

戦争に対する思想とかは、とりあえずさておき、
とにかく登場人物の皆が熱い!
ウィンタース、スピアーズ
特にこの二人が熱い!!
これが実在の人物なのですから、また驚きです。

10点

文句なし満点です。
全10巻ですが、それぞれ1話ずつが1本の映画として
成り立つほどの完成度だと思います。
これは黙ってみときなさい。そう言えるドラマです。
しかしアメリカのテレビドラマは金かけすぎ(笑)
[PR]
by dandelion_1212 | 2009-02-01 12:51 | 映画

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみよう その10

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみようのコーナー。その10。
内容のネタばれはできるだけない方向で。

独断と偏見で超個人的な感想と点数(10点満点)を書いてしまいます!
映画ファンの方がいたらすみません。。。
あくまで素人の意見ですので、おおめに見てください^^;

ネタがたまっていたので連続更新&第10回ということで豪華?3本立てです(笑)



『ジグソー』
ある日発生した猟銃での惨殺事件。
その残忍な犯行の中に隠された犯人のある几帳面な一面。
それに気づいた主人公の刑事が、今後の事件の連続性に気づく。
異常犯を追うサスペンスホラー。

「セブンを彷彿させる」と謳われてましたが、まさにその通り雰囲気は「セブン」。
でもストーリー自体は特に新鮮味もなくて、もう一つ乗り切れない感じでした。
主人公とヒロイン?の惹かれあいはホントによく分かりませんでした。
でも映像はゾクッとした場面や犯人を追う映像とかも何か斬新で良かったです。

6点

映像が良かったので+1点
話自体は至ってスタンダードでした。



『犯人に告ぐ』
雫井脩介氏原作の刑事ドラマ。
誘拐犯を取り逃がし、誘拐された子供まで殺害された主人公の刑事。
責任を取らされ左遷されるが、数年後に同様の誘拐事件が発生する。
その事件の停滞に、警視庁がメンツを保つため、
テレビを通じて犯人への挑発とも取れる呼びかけを行う作戦を取るが…
その責任者として再び主人公が呼び戻された。

とにかく派手さはないですが、堅実な内容。
主人公の豊川悦司の演技がとにかく渋い。
そして脇を固める俳優人も渋い。
犯人との対決部分が弱いのが残念ですが、なかなか良かったです。

7点

トヨエツが良かった!
犯人との対決がもう少し熱ければ良かったんですけど…



『クワイエットルームへようこそ』
松尾スズキ氏原作・監督のシチュエーションドラマ。
仕事も恋愛もうまくいかない主人公の女性。
ある日、泥酔して記憶をなくし、次に目を覚ましたときには精神病棟にいた。
閉鎖的な空間を舞台として主人公の過去が紐解かれていく。

『犯人に告ぐ』の重厚な演技のあと続けて見たので
初めはクドカンとかの突き抜けた感じのノりに全くついて行けず…^^;
でも中盤~終盤につれて物語の流れがガラッと変わります。
面白い構成の映画でした。
結果的には結構重い映画だったかな…
前向きな終わり方でしたが、今後のことを考えると
僕には後ろ向きにしか感じられませんでした。

7点

大女優と呼ばれるだけあって、終盤の大竹しのぶの存在感はすごかったです。
主人公ちょっと食われた感じしましたね^^;
[PR]
by dandelion_1212 | 2009-02-01 11:09 | 映画

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみよう その9

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみようのコーナー。その9。
内容のネタばれはできるだけない方向で。

独断と偏見で超個人的な感想と点数(10点満点)を書いてしまいます!
映画ファンの方がいたらすみません。。。
あくまで素人の意見ですので、おおめに見てください^^;


『みんなのいえ』
三谷幸喜氏脚本、監督の映画。
一軒家を建てることになったとある夫婦。
妻の学生時代の後輩にデザインを頼み、大工である妻の父親には
棟梁をお願いしたのだが…
後輩は欧米式デザイナー、父親は頑固一徹日本大工。
意見が合うはずもなく、ぶつかり合いながら家は作られていく。
コメディドラマ。

三谷作品好きの僕ですが、この映画は初めて見ました。
テレビでも何回か放映されていたのは知ってるんですけど、
タイミングが合わずに今まで見れませんでした。
三谷脚本独特のクスリとくる笑いの雰囲気が良かったです。
それぞれのキャラがしっかり立ってるから、
各立場の考え方にイライラもするし、納得もできる。
突き抜けるおもしろさではないものの、安定しておもしろく、
最後もさわやかに締めくくっていました。
欲を言えば、家の出来上がりにもう少し各々のキャラの
こだわりがあれば楽しかったかも^^;

8点

ゲストがホントに豪華で多彩ですねー
三谷好きなので点数は少々甘めかも



『ザ・サイン』
殺人現場で被害者の写真を取る仕事についていた主人公。
精神的に疲労の限界に達し、故郷に帰ったが、そこで予知能力を持つ女性に出会う。
連続殺人事件を予知した女性、そしてその犯人とのサスペンス。

予知能力をどのように活かしていくのかがポイントだと思っていましたが、
うーん・・。予知能力を持つ女性の精神面の方へ話がいってしまい、
僕としては今ひとつな展開でした。
全体としては悪くはないんですが、よくもない。
あんまりのめり込めませんでした。

3点

惹きつける何かがほしかった。
僕には合いませんでした(TT)
[PR]
by dandelion_1212 | 2009-02-01 10:15 | 映画

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみよう その8

最近見た映画とその感想をダラっと書いてみようのコーナー。その8。
内容のネタばれはできるだけない方向で。

独断と偏見で超個人的な感想と点数(10点満点)を書いてしまいます!
映画ファンの方がいたらすみません。。。
あくまで素人の意見ですので、おおめに見てください^^;


『ディスタービア』
教師を殴り、自宅謹慎となった主人公。
退屈しのぎにご近所の覗きを始めたが、そのとき思わぬものを目撃してしまう。
サスペンスドラマみたいだけど、どちらかというとサスペンスを通じた青春ドラマ?

木曜洋画劇場でやりそうな映画ですね^^;(失礼…)
いまどき珍しいくらい何のどんでん返しもない映画でした。
あと登場人物に全く共感できませんでした。
主人公に惹かれたヒロインの気持ちなんて
特に1mmたりとも理解できませんでした。
意味不明・・・。

1点

ごめん。
後半早送りしました(TT)


『ツォツィ』
自分の本当の名前もないスラムに住む冷酷な男、ツォツィが
ある日強盗した車の後部座席に赤ん坊を見つける。
ツォツィが赤ん坊と触れ合うことで彼の中の何かが変わっていく。
ヒューマンドラマ。

ハートフルな話ではなくて生々しいバイオレンスなドラマです。
正直、内容的にはありがちな話だと思います。
ただ、機械のように冷たい表情をしていたツォツイが、
無垢なものに触れて人間の表情に戻る姿が切ない。。。
ただ、もう少し赤ん坊との触れ合いがあってもよかったかも。

5点

ラストがよくある展開にならなかったのは良かったと思います。
[PR]
by dandelion_1212 | 2009-02-01 10:04 | 映画